アベノミクス3本の矢 アベノミクスに関しては雇用率が改善

アベノミクス3本の矢 アベノミクスに関しては雇用率が改善。政府のプロパガンダに誘導されている国民が多いので、与党に投票するのでしょうね。【保存版】配色、デザイン、文章、写真、アベノミクスに関しては雇用率が改善したとことをセンスがないとあきらめる前に勉強しよう!。7月の参院選挙で自民党を支持された方に質問します

消費税増税は必要だと思いますか
年金制度は安心ですか
アベノミクスは成功していますか
(最難関の3本目の矢はできましたか )
憲法改正って必要ですか

アベノミクスに関しては雇用率が改善したとことを
成果とするのはなしにしてください
少子化で特に若い世代が減っています

雇用率が改善したわけではなく、
少子化対策ができてないだけです アベノミクスへの辛口評価は根拠なし。安倍政権以前。%を超えていた失業率は。年末には%にまで低下した。
雇用の改善は大都市だけのものではない。全国で有効求人倍率は上昇した。「
仕事があっても非正規

密かにぼくが達成していたアベノミクスに関しては雇用率が改善したとことを8年で8人目の快挙とは?。アベノミクスへの辛口評価は根拠なし。図は。失業率と有効求人倍率の推移を示したものである。安倍政権以前。%を
超えていた失業率は。年末には%にまで低下した。 雇用の改善はアベノミクスで賃金は上がったのか下がったのか。賃金に関する代表的な政府統計の信頼性が揺らぐなか。?アベノミクスの成果?
として政権が強調してきた?雇用情勢の改善?が本当かウソかが問われている。
実際の雇用?所得環境が着実に改善しているとの判断に変更はない?数字
から言えるのは。今は深刻な人手不足で。?仕事を選ばなければ確実に職に就ける
状況?ということだ。一方。労働組合の中央組織?連合が。正社員中心の加盟
労組員について集計した賃上げ率は年以降。%前後で推移している。

元お姉さん研究者が『アベノミクスに関しては雇用率が改善したとことを』の必要な事だけ教えます。「アベノミクスは失敗」に首相が反論。この記事についてツイートこの記事についてでシェアこの記事
についてで送るアベノミクス下で。実質賃金の低下がみられるものの雇用
は改善が続いています。 雇用改善は賃金振り返ると。最近では。年月の
最も高い%の失業率で。失業者数は万人でした。有効求人倍率は。職を
探している人人に対して。の求人があることを意味します。アベノミクス「3本の矢」。これらを実現する経済政策が。アベノミクス「3本の矢」です。 ※物価が持続的
に下落する状態のこと すでに第1の矢と第2の矢は放たれ。アベノミクス効果も
あって。株価。経済成長率。企業業績。雇用等。多くの経済指標は。著しい改善アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠。それはとりわけ。雇用についてより明確にいえる。 日本の完全失業率は。
年代から年代までは。円高不況のピークであった年を除け

アベノミクスで「雇用と賃金」は結局どうなったのか。このような顕著な雇用改善に対して。人口動態が原因であって政策の効果では
ないとする主張も散見される。用いて時間あたりの賃金を計算すると年の
時間あたり実質賃金はフルタイムの労働者で年よりも%高く。パート
タイム労働者については%ほど高くなっていることがわかる。ちなみに。労働
市場の需給が逼迫したとき。非正規雇用から賃金が上がり始めるのはごく自然な
ことだ。

政府のプロパガンダに誘導されている国民が多いので、与党に投票するのでしょうね。悲しい話です。是非とも真実に目を向けていただきたい。そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われていません。消費税を導入した1989年度から2014年度までの消費税収と、1989年度を基準として翌年以降の法人税減税について見てみましょう。消費税の累計282兆円に対して、法人税減税は累計255兆円。実に消費税収の9割が法人税の減税に充てられてきました。消費税収のほとんどは法人税減税に充てられています。これ以外にも大企業には『租税特別措置による政策減税』などの税制優遇があり、実効税率は世界的に見てもかなり低くなっています。その結果、大企業は近年、史上空前の利益を出していますが、経済の活性化にはまったく寄与していません。このデフレ不況下で設備投資を積極的にするわけもないからです。収益のほとんどは株の配当金、役員報酬、そして内部留保に回っているのが事実です。さらにほとんどの日本国民が知らない間に、高額所得者の税金はこの30年間で大幅に下げられてきました。信じがたい話かもしれないが、ピーク時に比べて40%も減税されてきたのです。バブル崩壊後の日本は景気が低迷し、それに少子高齢化も進んだため、我々は消費税の増税や社会保険料の負担増に苦しんできました。「だったら当然、富裕層の税金も上がっているんだろう」と思っている人が多いと思います。しかし、そうではありません。実は富裕層の税金は、ずっと下がりっぱなしなのです。その減税の内容を説明しましょう。所得が1億円の場合の税率1980年 所得税75% 住民税13% 合計88%2015年 所得税45% 住民税10% 合計55%このように所得が1億円の人の場合、1980年では所得税率は75%だった。しかし86年には70%に、87年には60%、89年には50%、そして現在は45%にまで下げられたのです。そればかりではありません。住民税の税率も、ピーク時には18%だったが、いまでは10%となっています。このため、最高額で26.7兆円もあった所得税の税収は、2009年には12.6兆円にまで激減しています。国は、税源不足を喧伝して消費税の増税を計画しているが、そのいっぽうで、富裕層の税金は半減させているのです。なぜなら、富裕層による政治への働きかけが大きくモノを言っているからです。富裕層は圧力団体を使って、政治献金をちらつかせることで、税制を自分たちに有利なように導いてきたのです。そもそも税金の役割とは何でしょうか。①公共サービスの財源②所得再分配③景気の変動を抑制する安定化装置ビルトインスタビライザー無論、税金には公共インフラや社会保障、防衛、防災、防犯といった安全保障など、公共サービス支出のための「財源」という役割もあります。しかし、それだけではありません所得再分配やビルトインスタビライザー機能についても、極めて重要な税金の役割です。社会において所得格差が拡大する、あるいは極端な好景気、極端な不景気が国家のためによろしくないことは、誰にでも理解できます。所得再分配やビルトインスタビライザーとしての税金の機能が、公共サービスの財源という「以上に」重要であることは、否定しがたい事実です。そういう意味で、「消費税」という税金は、所得が高い層に軽く、低い層に重く、格差拡大をもたらす逆累進課税であり、かつビルトインスタビライザーの機能が働かない「欠陥がある税金」であることに間違いありません。デフレ不況下において、消費に税をかけるなんてナンセンスです。適度なインフレになるまでは、国債による財政支出をすれば良いのであって、消費増税によって財源を確保するなんて、デフレ経済下では逆効果です。ますます景気は冷え込み、経済は縮小します。今回の消費税10%増税は賛成です。ここまでは今回必ず上げなければなりません。安倍政権の失敗は二度にわたって消費税増税を延期してしまったことです。世界的に見て今後、景気は下降線に向かいます。この時期より早い段階で消費税増税をしておくべきだったはずです。年金制度は今わかった話ではないはずです。国民年金の支給額が月65000円程度であることは周知の事実です。今更その事実を騒ぎ立てています。この金額で暮らしていけるかは個人次第です。アベノミクスの効果だけとは言いませんが、景気は緩やかではありますが順調の範囲と見ています。憲法改正については改正するにしても、改正しないにしても国会で正々堂々議論すべきです。国会が可決、発議すれば国民が意思を示せば良いだけです。働きたくない人達には大変だと思ってる。必要なのは稼げる能力のある人に対する優遇であり弱者を守りすぎると国は弱体化していく。年金なんて国にそれなりに貢献してる人が受け取るべきではなっから国をあてにすべきではない。国を守る自衛隊が議論の対象になる事が無いように位置付けをはっきりさせるべき。戦争をする国になるわけではなく戦線布告されても受けて立てる力のある国にすべき。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.