上記の条件で露出時間を計算する際に露出線図より板厚12㎜

上記の条件で露出時間を計算する際に露出線図より板厚12㎜。X線フィルムに到達するX線の線量率は他の条件が変化しない場合焦点とフィルム間距離の2乗に反比例します恐らく露出線図でのL1+L2の距離が600mmなので440/6002で補正することにより、露出線図と同一の濃度を得ることができます。「いくら長時間働いても上記の条件で露出時間を計算する際に露出線図より板厚12㎜6㎜x2で2は終わらない」と語るねこ【翻訳】。放射線透過試験(RTレベル2)の実技試験についての質問です アルミニウム管試験体撮影 NDT指示書
材質:アルミニウム
管の肉厚:6㎜
管の外径:100㎜
余盛高さ:2 5㎜

撮影配置
二重壁片面撮影方法(円周6分割)
線源?フィルム間距離:450㎜
照射角度(Θ):12度
L1:428mm
L2:12 0mm
L3:52mm

露出条件
管電圧:65Kv
管電流:5mA
母材部濃度(目標濃度):2 8

上記の条件で露出時間を計算する際に露出線図より、板厚12㎜(6㎜x2)で2 16分
D=2 0 → 140秒
D=2 8 → 205秒

2 16分x205s/140s x (440/600)2
=1 7分

となることを講習会でメモしていましたが、(440/600)2 の600と2乗する理由が分かりません
440はL1+L2だと思いますが、ご教示頂けますようお願い致します 上記の条件で露出時間を計算する際に露出線図より板厚12㎜6㎜x2で2の画像をすべて見る。

Q。例えば,母材の厚さで余盛の高さが4の鋼溶接継手に対して,透過写真
を撮影しようとすれば次のようになる。この管電圧と露出時間の範囲から,
可能な限り低電圧?長時間の露出条件を選定する。 このとき特に注意すべきこと
は,ここで決定した露出条件は,この露出線図に示された線フィルムと増感紙の
組合せについてのみすなわち,上記の露出時間を/倍する必要がある

X線フィルムに到達するX線の線量率は他の条件が変化しない場合焦点とフィルム間距離の2乗に反比例します恐らく露出線図でのL1+L2の距離が600mmなので440/6002で補正することにより、露出線図と同一の濃度を得ることができます

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.