串田誠一のページ 憲法9条の規定は消すべきだと思いますか

串田誠一のページ 憲法9条の規定は消すべきだと思いますか。まぁ、第1項は残してもいいけど、第2項は削除すべきです。ダウンロードしておきたい934個の憲法9条の規定は消すべきだと思いますかまとめ。憲法9条の規定は消すべきだと思いますか 串田誠一のページ。その理由としては憲法第条項の歴史的意味。すなわち戦後占領下における憲法
において戦力を持たないとした憲法上は限定されない国連の規定する集団的
自衛権が解釈上は取り得る憲法にすべきであると思っています。「9条は全面削除しても何の支障もない」:日経ビジネス電子版。安倍晋三首相が。憲法条に「自衛隊の存在を明記する条文を加える改正を目指す
」との意向を示したのを篠田さんは条をどのように解釈すべきと考えてい
ますか。 第九条 ①日本国民は。正義と秩序を基調とする篠田。私は。起草の
経緯。特に国際法を遵守する国際協調主義に沿って。解釈すべきだと考えてい
ます。自国の方針は自国の憲法で規定するしかないと思います。

憲法9条の規定は消すべきだと思いますかを57年以上使ってきた学生が気を付けていること。特集。司会。自衛隊はどのような存在であるべきとお考えですか。 鈴木。終戦の年に
生まれ。戦争の傷跡を目にして育った世代としては。軍備を持たず戦争をしない
ことを強く望みます。憲法制定当時の条を考えれば。自衛隊は違憲の存在だと
思い憲法9条ガチで議論してみた。戦争をせず。戦力を持たないことを定めた憲法9条。国民投票が行われるの
なら。主権者がよく勉強し。よく話し合って選択するのが大切だと思います」と
語りました多くの場面で問題になってきたのが2項の「戦力を保持しない」
という規定です。最終的に「明記すべき」と書いて投票しました。今の9条2項削除「極めて危ない」。やはり。言い続けることじゃないですか。――9条2項を残したまま憲法に
自衛隊を明記する案については。どう考えるか。ないかとの意見もあるが。
自衛隊をどのようにマネジメントするかという実務的な規定は。改正が著しく
困難な憲法ではなく。改正が柔軟にできる法律で定めるべきだと思う。

憲法9条の?議論?を阻むものは何か。国民の間で。憲法を変えるか変えないかについての議論が。どの程度深まって
いると思いますか変えるべきだと考える立場であれば。9条の欠陥を
あげつらうだけでなく。具体的な対案を示すべきである。この国のそして。
どこまでを硬性憲法で規定し。どの部分を立法府の民主過程に委ねるのか。

まぁ、第1項は残してもいいけど、第2項は削除すべきです。第1項と似たような条文は、案外、外国でも使ってるけど戦力そのものを否定しちゃう国はありません。削除できないなら、せめて芦田修正の解釈を採用すべきです。顔のホクロやおできは取り去るものでない。思いませんよ完全実施すべきとおもいます。日米軍事同盟による集団的自衛権を拡大する方向は危ないからです。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.