宗教への印象は 宗教に関してどんな印象がありますか

宗教への印象は 宗教に関してどんな印象がありますか。かつては権力の道具として利用されていたが、いまとなっては時代錯誤の代物。【裏テク】主要な宗教に関してどんな印象がありますか 5種をざっくり解説。「宗教」に関してどんな印象がありますか 宗教への印象は。私はある宗教の熱心な信者なんですが。日本人は宗教に対してどんな印象を持っ
ているのか。気になりました。色々と分類はありますが。それぞれ。いくつか
にカテゴライズし。「今日のラッキーアイテムは○○」とか。そういうものを
示しているわけです。なく仏教は宇宙における真理を説いた教えであり。特に
人生に関して人間がいかに生きるべきかを説ききった教えである。日本人と宗教―「無宗教」と「宗教のようなもの」。神道というと。何か日本のナショナリズムと結びついて外国人を排除するような
ニュアンスがあるが。神道をアニミズムと表現すれば印象が変わってくるだろう
。日本という国家ができる以前。古代からあった神道を「古神道」

かつては権力の道具として利用されていたが、いまとなっては時代錯誤の代物。文化遺産として継承する価値はあるが、新興宗教は愚者御用達のゴミ。信じる者は救われない。75歳の子供です。>「宗教」に関してどんな印象???と聞かれれば、やはり、昔話の「浦島太郎」ですかね。桃太郎って、人として必要な心構えとして「知恵と恩と勇気」を忘れるなって聞きます。猿と犬と雉きじですね。浦島太郎って、縁あって見知らぬ世界に誘われて、何とも不思議で幸せな時間を過ごすのです。鯛や、ヒラメの舞踊り、ただただ、珍しく面白く、月日が経つのも、夢の内????その世界を去るのは惜しいのだけれど、と、帰る途中の楽しみは何と言ってもいただいた「玉手箱」でも、人々とは親交も絶ち、ただ寂しくて貰った「玉手箱」を空けてびっくり、??????ってお話。欲の皮が突っ張って、「人は、こつこつと汗水流して毎日をすごす。」のだが私は、ありがたい御縁に会うことが出来、その教えを聞くたびに、恐悦至極ばりの幸せに浸っての日々何十年。それにしても、この幸せな世界を信じようとはしない人々のなんと多い事よ、気の毒な人々よ」????しかし、終わってみれば、これいかに、我に返ってみれば、楽しい日々の思い出だけで他にはなにもない。ってお話。欧米では、栄養と同じ、人には必要とします。 日本も戦前までは、そうでした。洗脳信心妄想迷惑嫌がらせお好きにドウゾお前の勝手関わりたくない輩ボウズ丸儲け等など全ての宗教はカルトです。その辺で買える物でも信仰の対象になるんだからお手軽なモンですよ弱い人間の現実逃避、一大産業。厄介なのは主宰者が本気で非科学的な絵空事を信じてる場合が多いこと。大衆のほぼ全員が、宗教を信じる、弱い、賢くない人間でないと、支配者層が苦労する。安倍もトランプも楽ちんだ。見えないもの論理的に説明できないもの科学で証明できないものを信じる事が「宗教」と私は思います。「思いやり」しかり…?自分の親が死んだとします…聖書やコーラン読んだことなくても悲しくて泣く。↑これ…論理的に説明できないのです。日本人に刷り込まれた「道徳」と言う名の「宗教」だと思ってます。ちなみに回答は…日本人、「宗教」って単語嫌いすぎ!!無宗教の日本人なんてほとんどいねーよ!!です。戦後の日本人は「無宗教」という人も出てきましたが、欧米で無宗教は異常者とみなされる場合があるので、その”宗教ギャップ”ですかね。良いイメージはないです。目に見えないもの読経などに金を払い、戒名にも値段のレベルがありますし。熱心な信者アピールしている人でも犯罪者。SNSでは人が豹変しての罵倒や悪口発信。人に注意されれば素直さはどこへやら。宗教って何でしょうね。単なる集合概念です。一つの宗教にとって本質的なことは、他の宗教にとっては不必要なことだったりします。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.