男たちの大和 今男たちの大和/YAMATOを観ていたんで

男たちの大和 今男たちの大和/YAMATOを観ていたんで。あなたは、心の優しい方ですね。日本人の今男たちの大和/YAMATOを観ていたんですけど戦争は本当にこんなに残酷で悲惨なものだったんですか…40%以上を掲載!!。今「男たちの大和/YAMATO」を観ていたんですけど、戦争は本当にこんなに残酷で悲惨なものだったんですか… 本当にあんなにも簡単に一瞬で兵隊達はしんでいったのですか 今の日本の平和があるのはこの時の兵隊のおか げであることがわかりました 今の平和な暮らしからは本当にこんな時代があったとは考えられないです とても胸が痛いです 寝れないです 「「死に方用意」って本当。いました。 その時は。「かわいそうに。こんな思いをしてまで戦争に行く
なんて」?????と涙しました。 でも。それからその後ゆっくりと。冷静に
考えましたが。本当にそんなことをやったのでしょうか?総員死ニ方用意」の
エピソードなど。八杉康夫著の「戦艦大和最後の乗組員の遺言」に事実が詳しく
書かれています。映画とこの本を私も以前は「洗脳されていた」と信じていた
のですが。その洗脳だと教えてくれたのが中学。高校の先生日教組でした。
私の場合

学生は今男たちの大和/YAMATOを観ていたんですけど戦争は本当にこんなに残酷で悲惨なものだったんですか…のある星に生まれたんだよ。【衝撃】。戦争映画の意味。これらは全て決して戦争賛美ではなく。その残酷さを見せて戦争の無意味さを
知らしめるのでもない。もうひとりの主役である西郷昇陸軍一等兵 二宮和也
は。当時ではあり得ない口ポカンが目立って。先に観たともだちはこの表情が
最後まで気になって仕方なかったそうだ。 たぶん。男たちの大和/」
ではいろんな場面でのいろんな台詞を通して。この映画を通して言いたいことが
語られた。しかし。その悲惨さ。悔しさ。空しさが伝わるシーンは本当に
多かった。男たちの大和。年月。鹿児島県枕崎の漁港の漁師。神尾仲代達矢は。突然訪ねてきた
内田真貴子鈴木京香という女性を船はいましたが。いつ頃作られて。どの
ような戦歴を経て沈んだのかなど。詳しくは知らなかったので。見てよかった
です。戦争を実際に体験した方が。どんどん少なくなっている今。戦争とは。
どういうものだったのかを伝える意味は。6億円をかけて大和の原寸大の
セットが組まれたという事と。映像技術の進歩で。迫力ある映像を見ることが
できました。

男たちの大和。せっかくこの戦いを映画にするのなら。細部まで史実に忠実なものにして
欲しかった。公開されて年もたつが亡くなった渡哲也さんの遺作ということ
もあり今回初めて観た当時の自分としてはテーマがいるのは「戦争の悲惨さ」
であることは疑いの余地もないのですが。「日本を守って死んでいった人たちを
???」監督デビュー作が『陸軍残酷物語』で軍部批判の色が濃いものだっ
たらしいし未見。『野性の証明』では本当にありがとうございます。

あなたは、心の優しい方ですね。そうみたいですよ。遠縁の方も戦死してます、まだ20代前半です。写真の顔は、真面目な若者です。私の父は14歳で海軍特別年少兵に志願しました。最後の4期生で、広島に原爆が投下されたあと、支援のために広島にいったそうです。この世の地獄だったといいます。平和な時代に生きる私達は命を大切に日々生きないといけないですね。こんばんわ>戦争は本当にこんなに残酷で悲惨なものだったのですか。それは戦争を知らない世代ですが、映画でなく戦記物読むとガダルカナル、ニューギニア、他にも玉砕の島とか映画より真実味があり物理的にウソはありません。それは悲惨です、日本の兵隊は上層部からの命令と敵とに虐殺されたようなものです、それ思うといつも不快な違和感が感じてるのが韓国が従軍慰安婦のこと銅像立てて抗議してる姿にいつも感じます。日本の将兵が飢えて行軍悲惨な死にかたしてわずか生き残った人の戦記読み知ってて抗議してるとは思えない。あれでもマイルドに描写されていますよ航空機の20ミリ機関銃が人間に当たれば部位は肉片となり飛び散ります13ミリ機関銃が手足首の骨に当たれば部位は捥げます戦闘機のロケット弾でも爆発の衝撃をもろに受けると四肢は捥げてしまいます今を生きる我々は過去を無かった事には出来ません先人たちの苦難を受け入れその上で今の平和を尊ぶべきだと思いますとても胸が痛いです。寝れないです。悲惨な話しは止めておきます軍人軍属230万人民間人80万人感謝の気持ちを込めて黙祷はい、戦争はあのように凄惨でした。前途有望な若者が次々に凶弾によって斃れていったのです。映画なので、あれでもまだ若干マイルドに描写されています。戦時中の実例を挙げますと、大破した翔鶴や隼鷹ではまさに血の海だったそうです。誰のか分からない腕や足が散乱し、生きてるのか死んでるのか分からない者があちこちに倒れ、足元は血で滑りやすく……それはもう目を覆うような惨状でした。先人が命を賭けて戦った末に現在の日本がある事を、決して忘れてはなりません。ですから戦争を経験した方々は皆、口を揃えて戦争だけは絶対にやってはいけないと言われるんですよね。戦争に行ってなくても皆、国内で空襲や疎開、食糧難に遭ったので。>戦争は本当にこんなに残酷で悲惨なものもっとひどかった戦場もあります。「敵に対して反撃できた」だけ、まだマシとも。ちなみに私の叔父は陸軍の兵士として輸送艦に乗った状態で撃沈されました。この場合は「全く反撃できていない」わけですから、大和の乗員よりも残酷ですね。私の母は女学生時代に米軍機による機銃掃射を受けて、一緒に逃げていた同級生が隣で死んだと話していました。あんなの序の口。ダンピール海峡では、沈められたニューギニア向けの輸送船に乗っていた将兵3000人以上がサメに食われ絶滅している。日本軍の「戦死者」は300万以上だけど、そのうち6割は病死と餓死だから。ガダルカナル、ニューギニア、インパール、フィリピンなんて地獄だよ。一瞬で死んだのなら未だ良いほうです。仲間の死体を食べたり餓死したりするのは本当に残酷です。本当にあんなにも簡単に一瞬で兵隊達はしんでいったのですか? それは戦場の状況次第です。一瞬で死ねるなら幸運だと思いますが。 最近は著者が亡くなっているせいか、戦記の類いもだいぶ減ってしまって読む機会もなくなってきているのかもしれませんが、悲惨なのは南方の戦場でしょう。 日本は人員も不足していれば輸送力もなにもかも不足していたので、南方の戦場では一度送り込まれると五体満足では帰れない状況になっていました。アメリカは一定期間で人員を交代させ、後方で休養させるのですが、日本にはそんな余裕がなかったので、前線に送られた兵には帰る見込みそのものがほとんどありませんでした。 そして、前線では食料も物資もなにもかも不足するなかで連日の攻撃にさらされ、いつ死ぬかわからない状況で精神がすり減っていきます。生きて帰る希望すら抱けないので、すり切れた精神はやがて壊れます。 海軍の奥宮氏は前線で、敵の襲撃にさらされるなか、心神喪失して呆然と突っ立っているだけの兵を目撃したと書いています。 しかしこれはまだマシなほう。 ニューギニアでは文字通りの生き地獄が展開されていました。現地の事前調査もロクに行わず、補給を維持する方法もないのに、兵力が逐次投入されてその総数は20万、うち18万が死亡。 死因のほとんどは戦闘によるものではなく、病餓死でした。 なかには戦闘することなく、ジャングルと山岳を移動しているだけでほとんど全滅した部隊もあります。 熱帯病にさいなまれ、飢えに苦しみ、ウジに食われていく。そういう戦場です。 配給される塩やわずかな食料を奪うために友軍を襲撃する、果ては友軍兵士の死体を食う。それでも生き残ったのはわずか一割、そういう戦場です。今の日本の平和があるのはこの時の兵隊のおかげであることがわかりました 「飢え死にした兵士たちのどこに、繁栄を築く要因があったのでしょうか。怒り狂った死者たちの叫び声が聞こえてくるようです。そんな理由付けは、生き残った者を慰める役割を果たしても、反省にはつながりません。逆に正当化に資するだけです」 ニューギニア生存者飯田進氏の言葉。 一説によると、軍の戦死者の約6割は、実際には戦死ではなく病餓死だとされています。輸送船ごと敵の襲撃で水没した将兵も数多く、映画はかなりマシな部類を扱っていると言えるでしょう。件の映画は、戦争映画としては、ライトな描写の映画ですね。まあ、その迫力はともかく、リアル過ぎちゃうと、描写の限界があるので映画という娯楽じゃなくなる.で、さほど、ド派手な描写こそありませんけど、虚しくなるか、トラウマもので鬱になる映画だと、こんなのもあります。「西部戦線異状なし」「ジョニーは戦場に行った」古い映画ですが、どちらも描かれているのは第一次世界大戦です。どちらも、一度は見ておくべき。 戦場においては、誰もが、映画の主人公の、パウルやジョーになりえます.ちなみに、第一次世界大戦は、終結から既に100年をすぎました。それでも、主戦場となり、激戦地となった、フランス北部やベルギーには、現在でも、人間が立ち入りを制限されている地域があります。元々は、森と平原、そして、村もあり町もあり、人が住んでいました。100年を過ぎましたから、現在は、その戦場、砲弾?地雷跡やら、陣地?塹壕の跡も一見、緑に覆われて自然も回復をしている様に見えます.でも、なぜ、立ち入り制限があるかと言えば、その不発弾の数もさることながら、重金属と化学物質により、一帯は、凄まじい土壌汚染と環境破壊とくに、小鳥など小動物などに影響が顕著がされています.不発弾の処理など、現在でも継続的に行われていますが、おそらくは数百年の後でも、終わる事はないし、土壌汚染の回復は見込めないとも言われます。汚染と環境破壊言えば、第二次世界大戦も同様です。南洋には、たくさんの船が沈みました。 今は、魚の住処で、ダイビングスポットになっていたりも。撃沈された際に、燃料やら漏れて、一次被害.これは、時と共に回復しています。問題は、船と沈んだ積み荷です、とくに大量の物資を運んでいた輸送船。火薬そのものや、火薬の原料となる科学物質などの、積み荷のコンテナやら、タンクなど梱包が、そろそろ老朽化の限界で海中で破損が進み、海洋に流出をしてきています。第二次世界大戦の終結から、既に70年が過ぎているのに.ここにきて、海洋汚染の二次被害がでてきだしました.直接、戦争を体験された方々は、ご高齢になり、やがて鬼籍へ。どんどんと、ご存命な方の数は減っていますし、その記憶も薄らぐでしょう。でも、戦争による被害は、これだけ時間がたって、関係者である人間がいなくなっても、現在進行形です。過去の過ぎた話しではありません。一度ならず、二度の世界大戦をして、まだまだ、世界中で争っています。人間って、つぐづくバァカな動物ですね。「男たちの大和/YAMATO」を戦争映画ですか。「男たちの大和/YAMATO」は序ノ口でライトタイプの映画です。本当の戦争の恐ろしさ、観賞後生涯トラウマになるほど直接的な戦争映画は多数あります。目も当てられない。吐き気、動悸、脳裏に焼き付いて眠れなくなるなど、耐性が備わっていなければ、最後まで観賞にたえられない、戦争に対して覚悟を持って観賞しなければならない映画は、ネットで調べたらすぐに出てきます。生半可な感情で戦争映画を観賞はやめたほうがよいでしょう。戦争は、人間から心を奪い、殺人マシンへ変貌させる。戦争からは、悲劇、憎しみ、苦しみ、大量の流血しか生まれない。ゲームと現実は、全く違う。天気図記載の新聞が読める。言葉の自由がある。平和が一番です。それが戦争というものですよ。太平洋戦争後半はアメリカの戦闘機や武器など性能や威力が何枚も上でした、私も以前「硫黄島からの手紙」を見ましたが本当に戦争は悲劇しか残しません。スピルバーグの「プライベートライアン」の冒頭ノルマンディー上陸作戦を描いた戦闘シーンも悲惨ですよ腹から腸が飛び出し苦しむ兵士たち戦場映画でこんなことを描いているものは無いでしょう

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.