金沢から彦根までの乗換案内 金沢から彦根に向かう際時計周

金沢から彦根までの乗換案内 金沢から彦根に向かう際時計周。乗換検索ソフトの大部分では、ICカード利用と切符利用または現金を選べます。JR 途中下車について詳しい方、教えて欲しいです
金沢から彦根に向かう際、時計周りで行くのが最短ルートですが反時計回りで移動するとします
その場合、山科や野洲で途中下車できるので しょうか
全て鈍行で移動することを前提とし、山科 京都の問題は考えないものとします
どなたか教えてください 金沢から彦根までの乗換案内。金沢から彦根への乗り換え案内です。電車のほかに新幹線。飛行機。バス。
フェリーを使用するルートもご案内。運賃。定期券料金。時刻表。運行状況。
駅周辺の地図も確認できます。航空券予約。始発?終電検索も可能

乗換検索ソフトの大部分では、ICカード利用と切符利用または現金を選べます。ICカードの場合は特例があり、大回りしても最短経路の運賃で計算しますが、途中下車の概念がありません。改札を出たら打ち切りです。途中下車するには経路通りの乗車券を買う必要があります。乗換検索で切符利用または現金を選んで検索し直してください。それでも3350円になるようなら、それはその検索ソフトのバグです。湖西線回りの切符を買ってください!路線が3350円と案内するのは途中下車しない場合のIC運賃です。普通に近江塩津?山科経由で乗車券を購入すればいいだけです4750円勘違いされているのでしょうか?近江塩津~山科を通過または相互間とするの場合、湖西線経由もしくは北陸本線経由があり、運賃計算は湖西線経由とし、乗車経路はどちらでも構いませんが、ご質問の場合は元々の北陸本線?米原経由が最短であり、北陸本線?米原経由ではこの特例には該当しませんから、山科や野洲で途中下車したければ、運賃の高い湖西線経由にするしかありません山科~京都に関しては、山科を通過する場合に限って京都での折り返しが認められるのであり、山科~京都も全く関係ありません金沢 – 彦根1.金沢 – 北陸本線 – 米原 – 東海道本線 – 彦根運賃 3,350円山科,野洲の途中下車不可2.金沢 – 北陸本線 – 近江塩津 – 湖西線 – 山科 – 東海道本線 – 彦根運賃 4,750円山科,野洲での途中下車可能従って,2で経由指定して購入しなければいけないできます。ただ山科―京都逃れることはできません。乗りたければ乗車券を買ってください。右回り/左回りに関して、「琵琶湖を挟んで」の文言が欠落してます。湖東経由、湖西経由が一般的な呼称です。「金沢発?湖西?東海道経由?彦根行」の切符を買えば276kmありますから、有効期間は3日間で、当然途中下車は可能です。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.